檀信徒用施本・出版

 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-12-1 ☎ 0120-73-8431 / FAX0120-73-8438


HOMEへ
檀信徒必携
曹洞宗のしおり 
 曹洞宗は、お釈迦さまをご本尊としています。鎌倉時代、中国で禅を究め、日本に「正伝の仏法」を伝えられた道元禅師、そして曹洞宗第四祖の瑩山禅師を「両祖」と尊称しています。道元禅師は教えの根幹は、ただひたすら坐禅を修行する「只管打坐」そして日常での実践として「自未得度先度他」の利他行を説かれました。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 檀信徒必携
日蓮宗のしおり
 日蓮聖人はその内容によって高低、浅深を判定し解釈され、『法華経』こそが最高の教えであるとされました。苦しみの世界である末法に生きる私たちを『法華経』という良薬で救い、その良薬である「南無妙法蓮華経」を弘める『法華経』の行者として生きていくことをお誓いになりました。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 檀信徒必携
臨済宗のしおり
 日本人の僧侶が中国へ渡り、中国人の僧侶が来朝し伝えられたのが、日本のおける臨済宗です。禅においては言葉よりも、坐禅や作務といった実体験を重視します。不立文字、教外別伝と合わせ「達磨の四聖句」とも言われます。禅の教えを一名「仏心宗」と呼ぶのはこの所以であります。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 
 お正月のしおり
こころあらたに
 「一年の計は元旦にあり」と申します。向こう一年間をどのような心で生きていくのかをよく考えて、自分自身に誓うことから新年をはじめたいものです。新しい心で素晴らしい一年といたしましょう。新しい年がやってきます。毎日を心新たに、そして自分を信じて生きていく一年としたいものです。
B6判・変形 16頁/カラー 定価 @100円
50冊~299冊 @85円 / 300冊~499冊 @ 80円
500冊~999冊 @75円 / 1,000冊以上 @70円 (送料 実費)料 実費)
 除夜(百八)煩悩について
心を清らかに新年を迎える
 除夜は、旧年を除く一年最後の日「除日」の夜です。それまでに大掃除や、身の回りの整理整頓に努め、除夜にはご先祖さまに一年の平安を感謝し、家族で飲食を供にして、数え年一歳を重ねます。「除夜の鐘」で身も心も清め、迎える新しい年の人生目標を「誓願」し、もろもろの煩悩の闇を除いて、新年のまばゆい朝を迎えます。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 
 お施餓鬼(施食会)のしおり
やさしさのお供養
 お施餓鬼という仏事の最も意味深いところは、縁のあるご先祖さまはもとより、無縁仏さまにもご供養を捧げるのです。お供養の気持ちや、恩という「めぐみ」や「いつくしみ」というあたたかい心は、きっと、苦しむ多くの人の救いとなります。日ごろ思うようにならない、おぼつかない私のこと、自分自身への供養にもつながるのではないでしょうか。
B6判・変形 16頁/カラー 定価 @100円
50冊~299冊 @85円 / 300冊~499冊 @ 80円
500冊~999冊 @75円 / 1,000冊以上 @70円 (送料 実費)料 実費)
 
おぼん
 たっくんは、ご飯をお父さんやお母さんと三人で食べているのですが、お盆には、いとこふたりと、おじさんとおばさん、おじいさんにおばあさんが加わって、一緒に食べます。お仏壇にもご飯やおかずが並べてあります。ご先祖さまが食べる食事です。お仏壇には、キュウリ、ナスで作った馬や牛がお供えされています。 
A5判・16頁カラー 定価@150円
50冊~299冊@135円/
300冊~499冊@130円/500冊~999冊@125円/1.000冊以上@120円(送料実費)
特定商取引法に基づく表記

■施本の定価はすべて消費税込みの価格です。
■お申し込みは同封のハガキ又はお電話・FAXで、お受けいたします。
■お電話でのご注文の場合は封筒の宛名下の番号(8ケタ) をお知らせください。
■お支払いは商品到着後、同封の郵便振替用紙で、ご送金くださいますようお願い申し上げます。
■土、日曜、祝祭日は休業いたします。
ご注文画面へ
▲ トップページへ