檀信徒用施本・出版

 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-12-1 ☎ 0120-73-8431 / FAX0120-73-8438


HOMEへ
檀信徒必携
真言宗のしおり
 お大師さまは『般若心経秘鍵』という著作で、真言は「一字に千理を含む」と述べています。たったひと文字の真言でも、そこには大日如来の広大なおしえが満ちているのです。本書では本尊さま、即身成仏、印と真言、曼荼羅、お大師さま、仏壇のまつり方などを解説。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
檀信徒必携
浄土宗のしおり
 
 京都の町に出た法然さまが見たものは、あまりに残酷な庶民の姿でした。地獄・餓鬼・畜生の三悪道が現出し、庶民は絶望の表情を隠すことすら出来ません。誰もが救われなければ仏教ではない。こうした考えの中で行き着いた答えが、称名念仏を称えるだけの念仏でした。まさにお釈迦さまの心、願いを再現したものではないでしょうか。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
檀信徒必携
曹洞宗のしおり 
 曹洞宗は、お釈迦さまをご本尊としています。鎌倉時代、中国で禅を究め、日本に「正伝の仏法」を伝えられた道元禅師、そして曹洞宗第四祖の瑩山禅師を「両祖」と尊称しています。道元禅師は教えの根幹は、ただひたすら坐禅を修行する「只管打坐」そして日常での実践として「自未得度先度他」の利他行を説かれました。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 檀信徒必携
日蓮宗のしおり
 日蓮聖人はその内容によって高低、浅深を判定し解釈され、『法華経』こそが最高の教えであるとされました。苦しみの世界である末法に生きる私たちを『法華経』という良薬で救い、その良薬である「南無妙法蓮華経」を弘める『法華経』の行者として生きていくことをお誓いになりました。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 檀信徒必携
臨済宗のしおり
 日本人の僧侶が中国へ渡り、中国人の僧侶が来朝し伝えられたのが、日本のおける臨済宗です。禅においては言葉よりも、坐禅や作務といった実体験を重視します。不立文字、教外別伝と合わせ「達磨の四聖句」とも言われます。禅の教えを一名「仏心宗」と呼ぶのはこの所以であります。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 
お正月のしおり
七難をさけて七福を祈る 
昔からご先祖さまが、わが家に帰ってくるのは、お盆だけではなく、正月にも帰ってくるという教えによるものです。神社仏閣に初詣に行き、願い事の成就をお祈りするとともに、菩提寺にもお参りします。そして、ご先祖さまに家族の近況を報告し、元気でお正月を迎えることができたことに感謝することも忘れてはなりません。 
B6判・変形 16頁/カラー 定価 @100円
50冊~299冊 @85円 / 300冊~499冊 @ 80円
500冊~999冊 @75円 / 1,000冊以上 @70円 (送料 実費)料 実費)
除夜(百八)煩悩について
除夜の鐘を鳴らすのはあなた 
 煩悩即菩提とは、自分の煩悩に気が付けば、それを滅していけばいい。煩悩が無くなったところが悟りの世界なんです。それを分かりやすく教えてくれているのが除夜の鐘です。今年のうちに煩悩を浄め、身も心も新しい状態で新年を迎える。こんな気持ちにさせてくれる除夜の鐘。これが除夜の鐘を撞くことの意味なんです。
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
除夜(百八)煩悩について
心を清らかに新年を迎える 
除夜は、旧年を除く一年最後の日「除日」の夜です。それまでに大掃除や、身の回りの整理整頓に努め、除夜にはご先祖さまに一年の平安を感謝し、家族で飲食を供にして、数え年一歳を重ねます。「除夜の鐘」で身も心も清め、迎える新しい年の人生目標を「誓願」し、もろもろの煩悩の闇を除いて、新年のまばゆい朝を迎えます。 
B6判・変形 16頁/2色 定価 @80円
50冊~299冊 @65円 / 300冊~499冊 @ 60円
500冊~999冊 @55円 / 1,000冊以上 @50円 (送料 実費)
 絵本 花まつり
マーヤさまは、ルンビニー園で元気な玉のようなかわいい赤ちゃんをお生みになりました。空からは、甘く清らかな雨が降りそそぎ、王子の体を清めました。そして、すぐに東西南北に七歩ずつ歩まれ、右手は天を、左手は地をさし「天上天下唯我独尊」とおっしゃいました。これは「自分だけではなく他人の命も大切にしなさい」という教えです。
A5判・16頁カラー 定価@150円/50冊~299冊@135円/
300冊~499冊@130円/500冊~999冊@125円/1.000冊以上@120円(送料実費)
 
お盆のしおり
お帰りなさいご先祖さま 
 お盆になると、この世を去った人が、ふるさとに帰ってきます。お迎えした精霊に、心をこめて供養をすることが、お盆の大切な心がまえではないでしょうか。泥の中に咲いても、泥に染まらない蓮は「清らかな心」の象徴。亡き人の供養を丁寧にすれば、おのずと晴れやかな気分になり、蓮のような心でお盆を過ごすことができるはずです。
B6判・変形 16頁/カラー 定価 @100円
50冊~299冊 @85円 / 300冊~499冊 @ 80円
500冊~999冊 @75円 / 1,000冊以上 @70円 (送料 実費)料 実費)
お施餓鬼(施食会)のしおり
見返りを期待しない布施行
我々の認識では一見無縁と思っているものでも、本来この地球上に無縁のもの・無関係なものはありません。それをありとあらゆる諸霊にご供養申し上げようとする、見返りを期待しない布施行の実践こそが、その尊い行いや精神がそのまま、ご先祖さま方が切望している子孫のあるべき生き方であり、尊いご供養なのです。
B6判・変形 16頁/カラー 定価 @100円
50冊~299冊 @85円 / 300冊~499冊 @ 80円
500冊~999冊 @75円 / 1,000冊以上 @70円 (送料 実費)料 実費)
マンガ おぼん
 夏休み親子4人で故郷の向かう車中、「ねえママお盆ってな~に?」と男の子に聞かれたお母さんは「盂蘭盆経」の目連の説話にもとづき供養したのが始まりだそうよ。しばらくすると女の子は夢の中、お釈迦さまが「お前の母はお前が幼き頃お前だけをかわいがった。7月15日に三カ月の修業期間を終える僧たちの徳を讃え飲食を施し供養しなさい。
A5判・16頁カラー 定価@150円/50冊~299冊@135円/
300冊~499冊@130円/500冊~999冊@125円/1.000冊以上@120円(送料実費)
特定商取引法に基づく表記

■施本の定価はすべて消費税込みの価格です。
■お申し込みは同封のハガキ又はお電話・FAXで、お受けいたします。
■お電話でのご注文の場合は封筒の宛名下の番号(8ケタ) をお知らせください。
■お支払いは商品到着後、同封の郵便振替用紙で、ご送金くださいますようお願い申し上げます。
■土、日曜、祝祭日は休業いたします。
ご注文画面へ
▲ トップページへ